Top > 写真色々 > カーナビスタンド作ってみました
その便利さには惹かれつつ、購入をためらっていたカーナビ、とうとう買ってしまった。
普段の足に使うデミオとR30とで載せ替えできるよう、ポータブルを選んだ。
でも、ナビに付属のスタンドは両面テープでインパネに貼り付けるタイプ。 R30の室内の雰囲気になじまないし、そんなもの貼り付けたくない。 で、これはデミオに使ってしまった。
そこで、室内の雰囲気を壊さず、かつ不要な時には工具を使わずに完全に取り外せるようなものを作ってみた。


台座部は、1mmの鉄板を曲げたもの。 J字型の先端は、クラスターリッド前方に挟み込むための形状。
ジャンク屋で格安で見つけた、ナビに付属してきたものと同一のスタンド (新品は何と\4000もする) は、インパネに貼り付ける鉄板部分を取り除いて使う。
平鋼の端材を切り出して、クラスターリッドを挟むフックを作り、キズ防止のため先端に熱収縮チューブを被せ、M6ボルトを嵌め込んで溶接し・・・ 完成した各部品。
ことあと1点追加した部品があるが、その写真は撮っていない。



取り付けてみた図。
ナビを取り付けた状態では、スパイラルチューブでひとまとめにしたケーブルとナビ本体しか見えない。
余ったケーブルは全てインパネの裏側を回し、DC-DCアダプタも見えないところにブラケットを作って設置。


不要な時には、全て取り外して、この通りスッキリ。
工具不要、手だけでOK。
古いクルマのインテリアにカーナビ、やっぱり似合いませんからね・・・。


GPSアンテナは、リアスピーカの設置に伴ない、パーセルトレイの下に移動。
小さな鉄板を敷いて、その上にアンテナを載せ、上からパーセルトレイを載せるので、外観上全く見えない。
Copyright© 2001 - 2004 古賀 知憲 Tomonori Koga
All rights reserved.