Top > 近代化 & モディファイ > 触媒交換 (R33 RB25DET用)
ヌケを良くするため、ここにもメスを入れようと考えた。



触媒3兄弟。 右は、元々付いていたR30純正。
他の2点は手持ち品で、中央がR33用(RB25DET)、左は車種不明(S13あたりか?)。

元のR30触媒は、どういう訳か、中のモノリスがかなり詰まっていて、向こう側が見えない部分が多く、ヌケの良し悪しを語る以前の問題。
なぜこうなったのかは良く判らない。


近所の中古パーツ屋で\3,000で買ったR33用を使うことにした。
写真では分からないが、詰まりの無さを差し引いても、向こう側の見え具合がいい。
R30用に比べ全長が40mm短いため、スペーサを自作する必要がある。


一から作るのは大変なので、市販の触媒ジャックを切り詰めて製作した。
当時は溶接もおっかなびっくりで、仕上がりが汚い。


完成。 この後、アンダーカバーと排気温センサーを取り付けた。
走った感じでは、吹け上がりが軽くなり、過給の掛かりも確実に早くなった。
でもこれ、単に詰まり気味の触媒を交換したからかも?
Copyright© 2001 - 2003 古賀 知憲 Tomonori Koga
All rights reserved.