Top > 近代化 & モディファイ > コンデンサー用電動ファン追加
HR30のエアコンは、どうも冷えがいまいち。
押し込みファンをコンデンサーの前に置けば、冷えもよくなるはず、と思い、暑い夏がやってくる前に完了させるべく作業開始。


まずはファンの調達から。
見つけたのは、トヨタAE101レビン・トレノ1993年式用の中古品。
早速我がHR30のグリルを外し、だいたいの設置場所を検討。 大きさはピッタリ。


ファンは元々、車体へ4点で固定されるようになっているようだ。
そこで、取付のためのブラケットを、現物合わせ&採寸にて製作。
コンデンサは、左右各2本のM6ボルトで止まっているだけ。 ここに・・・


出来上がったブラケットを挟み込んで、共締めで固定。


他方も同じように製作し、現物合わせで微妙な曲げを調整。
これを、グリルとサイトシールドを支える部材へ取り付ける。


完成の図。
ファンが振動してコンデンサを傷付けることがないよう、コンデンサ表面からは浮かせて設置。
手で揺すってみたが、ガッチリと付いているので、多分これで問題はないだろう。


最後の一仕事、リレー配線製作。
コンプレッサON/OFFに連動してファンがON/OFFするようにした。
リレーは、昔どこからか貰った、懐かしのPIAA追加ランプ用。 結構古いものだと思うが、ちゃんと作動する。
キャニスターの脇に取り付けた。


グリルの隙間から見えるこのファンで、今度の夏はより涼しく過ごせるかな。



前置きインタークーラー追加のため、2008.9に取り外し。
Copyright© 2001 - 2008 古賀 知憲 Tomonori Koga
All rights reserved.