Top > 修理 & レストレーション > フロントワイパー系統OH

このクルマを買った当時は、他車並みのスピードで動いていた覚えのあるワイパー。
数年前に動きが遅くなったことに気付いた頃は、バッテリーの劣化が原因と思っていた。
思えば一度もOHしたことがなく、グリスアップが必要なんじゃないか、と思い、バラしてみることにした。


リンク類を全て取り出す。
これらはまず、エンジンフードやカウルトップを取り外さないとアクセスできない。
数箇所あるボールジョイントを外してみると、思った通り苦節10数年のグリスが、息も絶え絶えに残っているだけだった。


モーターユニットの中にあるものは、補修部品としては出ていないのだが、フタを開けて見てみると、ギア周囲にはグリスがなくカラカラ。
元々グリスがあった形跡がない。 何故だろう。
ウォームギア周りの、それもケースの隅にへばり付くように、グリスは僅かにあった。
迷わず、新しいグリス (手元にあったトヨタ純正キャッスルシャシーグリス)を詰め込み、フタをした。
アームのボールジョイントなど、可動部分に給油して組み付け。
組み付け後のワイパーの動きは、少しは回復した、ような気がする。

Copyright© 2001 - 2003 古賀 知憲 Tomonori Koga
All rights reserved.