Top > 修理 & レストレーション > フュエルフィルタ、交換してますか?
高回転まで回すと、カリカリと軽いノッキングを起こすようになってきた。
燃料ポンプ、フュエルレギュレータ、はたまたインジェクタと、色々心配してみるのもいいが、基本中の基本、経路の詰まりがないかをまず疑ってみる。


経路と言えば、まずは消耗品であるフィルター。
手元の記録を調べてみると、今のフィルタにしてから、既に指定交換時期の4万キロを走っていることに気付いた。
思い起こせば、そう思って前に買っておいたヤツがあった。
新旧を並べてみると、両者に違いがあるのに気付いた。
今まで使っていたほうには、燃料出口に何故か黒いプラスチックのチューブが入れてあり、流路が狭くなっているのだが、新しいほうにはこれが無い。


フィルタ交換後は、ノッキングもしなくなり、吹け上がりが劇的に回復した。
レッド付近まで、ノーマルL特有の「バーン」というエンジン音と共に、一気に吹ける。


外したフィルタの中身がどうなっているのか、と思い、金ノコで開腹してみると・・・。
濾紙は真っ黒、粒状のゴミも多数付着。 こりゃ汚い。


黒いプラスチックのチューブはと言うと、プライヤで引っ張るだけで簡単に抜けた。
無くても良さそうなこれの役目は何だったのか、結局分解してみても分からなかった。
忘れがちですが、フュエルフィルタ、定期的に交換しましょう。
Copyright© 2001 - 2003 古賀 知憲 Tomonori Koga
All rights reserved.