Top > 修理 & レストレーション > ガソリンタンクの中は?
19年モノのタンク内部はどんな状態なのか、一度覗いてみたかった。


上面は、大量のホコリで覆われていた。
給油口直後にプラスチックのフタ状のものがあり、写真がうまく撮れなかったが、ライト片手に恐る恐る中を覗くと、底や壁は拍子抜けするくらい輝いている。 サビ一つ見当たらない。
凄いものを想像したいただけに、拍子抜けした。


ぜひ交換しておきたかったものが、これ。
チェックバルブと、タンクブリーザー用のホース。 19年の時を経て、怖いくらいにカチカチに硬化していた。
太いタンクブリーザホースは、同じ純正品に交換。 新品は綺麗なピンク色で、その名もれっきとした「フュエルホース」。
チェックバルブホースは、取り敢えずバキュームホースを代用して交換。 バキュームホースは、ガソリンの揮発ガスに晒しても大丈夫なのだろうか。
Copyright© 2001 - 2003 古賀 知憲 Tomonori Koga
All rights reserved.