Top > 修理 & レストレーション > リアサスメンバーブッシュ交換 & ちょっと強化加工
リアサスメンバーも、デフ同様に、どうやら過去に一度も降ろされていない様子。
ブッシュを交換すべく、デフに続いて降ろす。


写真はないが、デフを降ろしてこのメンバーの後ろ半分をフリーにすると、メンバーは下へダランと大きく垂れ下がってきた。
やはりブッシュがダメになっていたんだろう。


ゴム部の変形のせいか、中央のカラーが傾いている。


新しいブッシュを入れたあとは、デフメンバー同様、詰め物をして強化を図る。
不要となったテンションロッドの純正ブッシュを切り出して、ブッシュ上部へ置く。 あとは、ボルト締め付けと同時にこれが潰され、ブッシュの上方向の動きが規制されるようになる、という狙い。
もう少し固めのものを使ったほうが良かったかも知れない、と後で思ったが、取り敢えずは様子を見よう。


ブッシュ下部には、ショックアブソーバ用バンプラバーの一部を輪切りにして、内径を若干拡大し、メンバーブラケット側のボス外周にはめ込んだ。
これで、ブッシュの水平および下方向の動きを規制。
さて、効果のほどはいかに。 ちなみに、このメンバーを車体へ組む時、デフを乗せる前の状態でも、OH前のように、手で揺すってメンバーが簡単にユラユラと動くようなことはなかった。

走ってみると、今までのような直進時のクルマのフラつきが、劇的に消えて無くなった。
今まではいったい、何だったんだろう。
まあ、新しいブッシュ自体のおかげかも知れないが。 それに、LSDにも入れ替えたし・・・。
Copyright© 2001 - 2003 古賀 知憲 Tomonori Koga
All rights reserved.